攻めの8月・・

尾竹橋2

今日もまた7時前に目が覚めました。

最近土曜日はいつもそうなのですが、昨日夜の段階ではかなり疲れが溜まっていたので今日は出来れば少し遅くまで寝ていたいと思ってはいたのですが、実際は大体これくらいの時間に自然と目が覚めて起き出してしまいます。

平日とそれほど変わらない時間に起きるということで、生活のリズムも崩すことなく、また1日を有効に使うという意味でも非常に有益なことだとは思いつつも、一方で「疲れが完全に取れた」と思えるくらいの爆睡をたまにはしてみたいものだとも思ってしまいます。

贅沢な悩みかも知れませんが・・

さて、いよいよ8月に突入です。

この1ヵ月もかなり暑い日が続くんでしょう。

自分としては、この1ヵ月は少し意識して何事も積極的に動いていきたいと考えています。

1)まずは仕事面。

入社して1ヵ月半程度が経過し、ようやく最初の大きなヤマを越えつつあります。

最初の数週間の引継ぎ期間中はいわば「半人前」のような存在で、「金魚の糞」のように先輩の後を追いかけて見よう見まねで仕事を覚えるような段階でした。

そうした引き継ぎ期間が終了し、いよいよ自分自身で全ての業務を担当するようになる直前の時期・・

この頃が、自分自身一番プレッシャーを感じた時期でした。

ちなみに、その頃に書いた記事がこちらです。

「心配事の9割は起こらない。」

先行きに対する不安を必要以上に意識してしまうと、どうしても「今ココ」でやるべきことに集中することが出来なくなってしまったり、更には自分自身で勝手に創り上げた恐怖、不安にガンジガラメになってしまい、結果的には「前に進む」ことすら躊躇してしまいかねない・・

こうした状態に陥りそうになる自分自身に対する戒めの意味も込めて、上の記事を書きました。

実際に独りで業務を担当するようになった当初は、やはりなかなかに戸惑うことが多く、更にはまだ要領を得ていないため1つ1つの作業時間もかなり長くなりがちで、「はやく一人前になりたいという思い」と「実際の仕事のパフォーマンス」とが全く噛み合わない、非常にもどかしい時期でした。

ようやく最近になってきて、一通りのルーティンの業務に関してはそれほど戸惑うこともなくスムーズに処理を進めることが出来るようになりつつあり、自分自身で業務の優先順位をつけながら処理を進めていくといった余裕も少しずつ生まれ始めています。

こうした中、職場において徐々にでも自分の色を出して、積極的に仕事に取り組むスタンスを取っていきたいと考えています。

2)続いてプライベート面。

以前私はこのような記事を書きました。

「自尊心の大切さ。幼少期に自尊心を充分に育む機会を与えられなった子供達。どうやって自分を好きになればいいのか。」

この記事の中で私はこのように言い切っています。

ただこうした状況ではありますが、私は心に決めています。

これから将来、必ず子供を持ちます。今は彼女すらいませんが、必ず子供を持ちます。

そろそろ婚活に本腰を入れ始めようかと密かに目論んでいます。

44歳の婚活・・

傍からどう見られようと気にしている場合ではありません。

泣いても笑っても、私の人生もせいぜい長くてあと数十年程度です。

であればこそ、ここから先は「悔いのない人生」を歩みたい。

強くそう思います。

こうした思いは、以前このような記事にもしています。

「嫌われる勇気。「誰からも嫌われない人生」」

「他人の目」なんか気にしている場合じゃあない。

 

誰もが「1度しかない人生」です。

 

たとえこれまでの人生が満足のいくものでなかったとしても、そんなことは一切関係ありません。

「ここからどう自分自身が納得出来る人生を歩んでいくことが出来るか」

それだけが大事だと日々自分自身に言い聞かせています。

年齢も関係ない。

大事なのは「強い決意」、「確固たる思い」を持つこと。

「人間は自分自身が考えているような人間になる」

「あなたは自分自身の運命の支配者である」

「人間の頭脳は、こうしたいと考えたことは必ず実現できる。このことは忘れないでほしい」

-「思考は現実化する」より-

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

著者である「ナポレオン・ヒル」氏の、じっとこちらを見据えた眼差しが、上記のような強い思いを訴えようとしている気がしてなりません。

そういえば先週は隅田川の花火大会がありました。

隅田川花火1

隅田川花火2

隅田川花火5

来年こそは誰かと一緒この花火を見たいものだと思います。

※ブログ応援のつもりで、是非クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ