酒を飲まない日を1日作る。それが出来れば、人生は変えられる!!

(前回からの続き)

そして今でもはっきりと覚えているのですが、浅草駅の松屋百貨店向かいのケンタッキーのあたり(ローカルな話題ですいません。。)で、本当に今日酒を買って帰るかどうか悩み倒したあげく、結果、酒という暴漢を振り切りケンタッキーだけを買って帰りました。

この日を境に、私の人生は180度変わりました。

今日まで100日以上過ぎましたが、酒は一滴も飲んでいません。

たしかに、もとアルコール依存症の方で、もう何年、何十年も断酒をされている方々と比べると、まだ100日程度の断酒は、断酒にも入らないレベルかも知れません。
なので、私もより気を引き締めて日々の生活を送っていく必要はあると思っています。

一方で、この100日の酒のない生活の充実感はあまりにも素晴らしく、おそらく酒浸りの日々の中では、こうしてブログを始めようというような気持ちにすらならなかったように思います。

次回からは、酒のなかったこの100日間について少し話をしていきたいと思います。