浅草橋の思い出・・

浅草橋

またまた前回の記事から約1ヵ月ぶりの更新となります。

前回の記事をアップしたのが、ちょうど引越しを済ませた後くらいだったのですが、その後ようやく生活も落ち着いてきました。

今日は土曜日で仕事も休みということもあり、午前中からテニスをしてきました。

午前9時からの2時間でしたが、全く寒くもなく、2月とは思えないほどの陽気でした。

上の写真はテニスの帰りに寄った浅草橋のとある公園の写真です。

実はこの公園には少し思い出がありまして・・

詳しくは以下のリンクの昔の記事に書いているのですが、

(「吉原物語20」そして遂に吉原へ・・)

5年ほど前に当時仕事もせずに酒浸りの生活を送る中、とうとう手持ちの金がゼロになり、平日の午前中から何もやることがなくたまたま通りかかったこの公園のベンチで読み捨てられた東スポを拾い、そこの求人欄に掲載されていたとあるソープランドに電話をかけ面接を申込み、そのままそこで1年半ほど働いてということがあったのですが、その公園がこの写真の公園です。

あの時から5年以上が経過し、今は何とか仕事も持てて、またもう少しで2年近く断酒が継続出来ていて、休みの日にこうしてテニスまで出来る生活に戻れたことに本当に感謝したいと思っています。

こうして人並みの生活に徐々に戻ることが出来つつあるのは、本当にただ1つのきっかけからだと思っています。

それは、「酒を止める」という決心をしたということです。

ただ、「酒を止める」と口では言っても、実際にそれほど簡単に止められるものでもないとも思っています。

私も過去25年間に亘って「酒浸りの生活」を送ってきました。

当時は生活が完全に酒に支配されていて、仕事も転々とし、金もなくなり借金だけが残り・・というような状況でした。

こうした中、一旦は「酒を止める」という決心をしたものの、最初の断酒は敢え無く半年ほどで挫折してしまいました。

その当時の記事がこちらです。

(断酒185日にてストップ! とうとう酒を飲んでしまいました・・ そして再び無職へ・・)

そしてこのスリップの後、また細々と断酒を再開し、今日でその継続日数は656日となりました。

上の写真の公園で読み捨てられた東スポを拾っていた頃から現在までの5年と少しの日々を思い返してみて、当然ながらまずは「酒を止める」という決断をしたことが重要なのですが、それと同じくらいに「万が一、自分の決断が挫折したとしても、そこでヤケにならずに、またゼロから地道に一歩ずつ進んでいこうとする」ということが重要なのかなと思います。

実際私も、最初のスリップの後に職も失い何の張り合いもない生活の中で、唯一の救いはアルコール外来に通いシアナマイドを処方してもらい、断酒を再開したことでした。

正直当時は再び「断酒」を再開したことに対して何の達成感もなく、自己嫌悪のみを感じる日々で、酒を止めていることが自分の人生に本当にプラスになっているかどうかについてもよくわからなくなっている状況でした。

その当時の記事が以下になります。

(断酒再開から2週間が経過。前回とのあまりにも大きすぎる違いとは・・)

何度も繰り返しになって恐縮ですが、この5年間と少しを振り返ってみて、一番重要な時期がこの時期だったように思います。

ここでヤケクソになって、酒浸りの生活にもし戻っていたとしたら、今現在も相変わらず上の写真の公園で読み捨てられた東スポを拾っているような生活を続けていたかも知れません。

断酒に限らず、仕事や恋愛もそうだと思うのですが、何の挫折もなくに目標のゴールまで無傷で到達するということはかなり珍しいことだと思います。

重要なのは、一度挫折をしたり、つまずいたりした時にそこでヤケにならずにどう踏みとどまるか、またゼロからやり直す気概を持てるか。

本当に重要なのはココなのかも知れません。

私自身も、また明日から地道に一歩一歩やっていきたいと思います。

※ブログ応援のつもりで、是非クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ