断酒の難しさ。酒を飲むことで「脳が麻痺する感覚」が忘れられない・・

さて前回(酒のない日々。酒とは「エタノールという薬物」の入った飲み物である。)でお話したように、酒を絶った当初というのは違和感や抵抗感、そして孤独感などが一挙に押し寄せて、これまで通りの酒浸りの生活へ戻そうとする力が、どこからともなく働きます。

私もこれまで何度となく、この力に押し返され、酒浸りの日々に逆戻りしてきました。

ではなぜ人は一度決断した断酒を貫き通せないのかということですが、「人付き合いの手段としての酒」という側面を無視して考えると、やはり一番の要因は「アルコールを摂取することで脳が麻痺する感覚が忘れられない」ということでしょう。

脳内麻薬としての酒の恐ろしさです。
そしてもう一つが「酒を飲まないでいる時間の長さに耐えられない」ということではないかと思います。

孤独を癒す手段として酒が生活の重要な部分にどっかりと居座っている状態です。

では、また次回に続きます。